吉岡里帆 ご当地ご飯“全国制覇”の野望「ご飯が力の源」

2019年05月16日 16時33分

綿あめをほおばる吉岡

 女優の吉岡里帆(26)が16日、都内で行われた腕時計「エンジェルハート」のイベントに登場した。

 花柄で淡いピンクのかわいらしい浴衣姿を披露。「初夏を感じるような浴衣。私も楽しい」とほほ笑んだ。

 イベントでは、綿あめ作りを初体験したが、ふわっとした感じを出せず、いびつな形になり「見せるのがめちゃくちゃ恥ずかしい」と赤面。「味はおいしい。形は変だけど」と頭をかいた。

 夏祭りや花火大会の時期が近づいているが、近年は多忙で「行けていない。どこかのタイミングで行けたら」と思いをはせた。

 キュートなルックスから想像できないが、食欲旺盛だ。「ご飯が力の源」と切り出し、マネジャーと仕事先で訪れた「47都道府県のご当地ご飯を食べたいと思っている」と“全県制覇”を目指しているという。先日は「石川県で食べたホタルイカのしゃぶしゃぶがおいしかった。珍しいし、新鮮でないと食べられない」とうれしそうに振り返った。

 同時計は10~20代女性400人を対象にした「女性の浴衣に似合いそうな時計」の調査で1位に選ばれた。吉岡は昨年からイメージキャラクターを務めている。