主催バトル「ミス慶応」が2人!? 2団体が弁護士立てて争う事態に

2019年05月16日 17時00分

ミス慶応OGの中野美奈子アナ

 女子アナウンサーへの登竜門といわれる慶応義塾大学の「ミス慶応」コンテストをめぐって2団体が対立している。「ミス慶応コンテスト2019実行委員会」と「KOPURE」の2団体がそれぞれミスコン開催を企画し、候補者を発表。これまで、同コンテストはグランプリ受賞者がメディアに大きく扱われたり、多くの企業が協賛したりと、ビジネス化が著しかった。名門で何が起きているのか。

 ミス慶応出身の女子アナといえばフジテレビの中野美奈子元アナ(39)、TBSの青木裕子元アナ(36)、現役では日本テレビの鈴江奈々アナ(38)、結婚したばかりのテレビ朝日の竹内由恵アナ(33)、テレビ東京の角谷暁子アナ(24)など。ほぼキー局を網羅しているが、そんなOGたちも心配させる出来事が今年は起きている。

 その名門・ミス慶応コンテスト2019が今年は2つ開催されそうなのだ。8日に新団体の「KOPURE」がファイナリスト6人を、昨年に続いて開催する実行委員会が10日に7人を、それぞれ公表。両団体ともに慶大の学生団体だが、交流はなく、双方がなんと弁護士を介して対立する異常な事態に至った。

 実行委員会はKOPUREに対して「ミス慶応コンテスト2019」の名称を使用することなどを問題視し、弁護士を通じて内容証明を送付。

 一方のKOPUREは「名称は特定の団体が独占使用する性質のものではなく、また、弊団体のホームページにおいて信用を害する違法な行為は認められない」との弁護士の見解を公表している。どちらもホームページを通じて意見を主張しており、歩み寄る気配は皆無だ。

 毎年11月の学園祭「三田祭」の名物イベントだったミス慶応コンテストは有名である一方で、トラブルの震源地でもあった。

 かつて主催していたのは「広告学研究会」という団体で、2016年に集団強姦事件を起こし、解散(書類送検された学生は全員不起訴)。これにより、16年のミス慶応は中止になっていた。それ以後、17年はKJという団体がミスコンを開催、18年に前出の実行委員会がミス慶応の名前を復活させた。

 つまり、新しいミス慶応コンテストの仕組み、組織は始まったばかりの段階にあるのだ。数ある大学ミスコンのなかでもミス慶応は注目度が高いゆえに、人も金も集まり、主導権争いが考えられる。

 都内の私立大学でミスコン開催に携わった経験のある男性は「派手にみられますが、学生がやっていることなのでアラはある。本番で進行にミスがあったり、企画案はたくさん出ても、実行力がなくて無難なものになったり。『自分がやった方がもっと良くなるんじゃないか』と思われるスキはある」と実情を語る。

 慶大生にとっては、ミスコンを主催するには準備作業や人手など手間ひまはかかるものの、特別な技術はいらず、新規参入するなら今がチャンスなのだ。

 本紙は両団体に取材依頼をしたが、回答は来なかった。この問題を取り上げたフジテレビ系「とくダネ!」の小倉智昭キャスターは「ボクシングのように統一戦をやればいいのに」と提言したが、このままなら、令和初のミス慶応グランプリは歴代初の2人誕生となる。