蝶野正洋 占い師の“黒い守り神”に「占い好きのレスラーは多い」

2019年05月14日 15時51分

蝶野正洋

 大スポ&九スポの客員編集長・蝶野正洋(55)が14日、都内で行われた日本占い師ヒーラー労働組合(JFHA・植野銀月執行委員長)の発足発表会に出席した。

 日本全国で占い師やスピリチュアリストとして活動しているのは約10万人。そのほとんどは個人事業主として活動しているが、企業や団体との賃金トラブルで泣き寝入りすることが多いという。そこで労使関係の法的な位置づけを明確にするとともに、占い師の地位向上を目的として、先月1日、JFHAを発足させた。

 普段、易占いを行う植野執行委員長は「占い師は社会的地位が軽んじられている。胸を張って仕事をまっとうできるように地位向上させたい」と意気込んだ。

 そんな占い師たちの“守り神”として、この日ゲストに呼ばれたのが蝶野だ。黒のカリスマは会見場に登場するなり「ガッデム!」とおなじみのセリフを口にした。

「占い好きのレスラーは多いんですよ。(アントニオ)猪木さんも好きだし、(亡くなった)橋本真也も好きだったね。まあ、普段やましいことやっているやつだよ(笑い)。ただ、レスラーは思いもかけないところでケガするからね。いろいろアドバイスもらえればいい」

 ギャラの未払いは蝶野も経験したことがある切実な問題だ。

「昔、海外武者修行で米カンザスシティーに半年間いたことがある。当時のギャラは、1試合20~30ドルだったんだけど、その半年間もらえなかったからね。結局、その団体は潰れちゃった。今でも食いっぱぐれなんてあるとはね。業界を支える仕組みには協力したいです」

 JFHAは2020年までに1万人の組合員を目指すという。