小室圭氏 SPなしでNY生活満喫「グッディ!」に直撃され余裕の笑み

2019年05月13日 14時50分

小室氏

 13日のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」は、眞子さまとのご結婚が延期になっている小室圭氏(27)を特集した。

 弁護士資格取得のため米国フォーダム大留学中の小室氏。5月末には10か月に及ぶ1年目のカリキュラムが修了するため、現在は最終試験の真っ最中だ。そんな中、グッディが直撃に成功したのは現地時間10日の午後。ニューヨークのセントラルパークに近い南東部の入り口で張り込んでいたところ、突然、姿を現した。

 ディレクターが「すみません、小室さんでしょうか?」と話しかけても答えず、右手にスマホを持ちながら構内に入って行った。SPはついていなかった。

 メガネをかけ、細かい表情は分からなかったものの、ガラス越しには笑顔が映っており、小室氏はカメラに気づいて、苦笑いしたもようだ。

 小室氏は大学の敷地内で生活している。大学の外にある屋台で食事を購入することもある。大学には複数の出入り口があり、この日は日本のメディアが張り込んでいる可能性が高い正面入り口は利用しなかった。 

 代理人弁護士は、小室氏の現状について「分刻みで勉強」していると明かしていた。しかし、撮影したディレクターによると切羽詰まった様子はなかったという。

 安藤優子(60)は「とてもにこやかな表情だった。黒いシャツに黒っぽいパンツ。いかにもニューヨークの大学生というか、ものすごい雰囲気に溶け込んでいた感じがしました」と感想を語った。

 小室氏は眞子さまと留学中も連絡を取り合い、結婚を早められるよう努力しているという。日本ではネットを中心にバッシングが吹き荒れているものの、全く気にすることなく、摩天楼に囲まれたニューヨークでの生活を満喫しているようだ。