小室氏母の元婚約者「圭さんを巻き込む気はなかった」代理人が胸中を代弁

2019年05月13日 13時31分

小室圭氏

 13日に放送されたフジテレビ系「バイキング」では、眞子さまとのご結婚が延期になっている小室圭氏(27)について特集した。

 番組では、これまでの経緯などが紹介される中で、小室氏の母親の元婚約者との金銭トラブルについて詳報。番組は元交際相手の代理人に直撃し、胸中を伝えた。

 元婚約者の現在の状況について代理人は「休みもなくずっと働き詰めのようです」とし、今でも約400万円の返済を求めているようで「生活のため大事にしていた愛車を売り、マンションを売りましたが、ローンで相殺され、ほとんど手元に残らなかったそうです。外食をする余裕もないですし。生活を取り戻すために必要な金額です」と説明した。

 さらに法的手段に出る可能性については「選択肢にありません。小室さん側の代理人弁護士に会ったら、まずは2人きりで会えるように交渉したいと思っています」と否定。代理人が弁護士でないことから、弁護士の起用について聞くと「見つかってもいませんし、探してもいません」と明かした。

 小室氏側とのコンタクトについては「連絡はしていません。元婚約者の気持ちが前向きになっていないからです。私自身は早く解決するために、小室さん側の代理人弁護に会いたいと思っていますが」と否定した。

 そして騒動に巻き込まれた小室氏を「元婚約者は今も小室圭さんのことが好きです。お金を貸した時も圭君を一人前の立派な大人にするため、その一心だったと聞いています。留学もそうですが、眞子さまとのご結婚についても応援しています。あくまで元婚約者はこの問題について、小室佳代さんとの間にあると言っています。国民的関心ごとになってしまいましたが、小室圭さんをここまで巻き込む気はなかったという気持ちを持っています」とした。