ハイテンションな爆笑・太田に田中がピシャリ「また頭を打つから」

2019年05月11日 16時18分

田中裕二(左)と太田光

 お笑いコンビ「爆笑問題」(太田光=53、田中裕二=54)が11日、都内で夏休みイベント「ウルトラマンフェスティバル 2019」の記者発表会に登場した。

 昨年に引き続き、2年連続で公式サポーターに就任した2人は、ウルトラマンの「科学特捜隊」のコスチューム姿で現れた。ハイテンションでイスに駆け上がり「ウルトラマンレイワー!」と会場を盛り上げた太田に対し、田中は「また頭を打つからやめてください」と、3月に転倒して頭部強打で救急搬送されたことに触れ、ピシャリとたしなめた。

 公式サポーターを2016年に博多華丸(49)・大吉(48)、17年に土屋太鳳(24)が務めたことを聞いた太田は「ここが出会いか…」とつぶやき、一部で土屋との関係が噂された大吉をイジるなど、やりたい放題の大暴れ。田中が「違います。ガセネタですから」と慌てて否定するひと幕も…。

 ステージにはウルトラマンタロウ、ウルトラの父、母も登場し、太田が「昭和の時代にウルトラマンで人格がつくられました」と言うと、田中は「だからこんなになっちゃった」と突っ込み、観客を笑わせた。

 7月18日に開催する同イベントでは、爆笑問題の2人が初代ウルトラマンと怪獣の名勝負を再現したジオラマをプロデュースし、ステージで声優を務めることも発表された。