長谷川潤が離婚発表「2人の子供を授かったことに感謝」

2019年05月10日 20時35分

長谷川潤

 ハワイ・オアフ島在住のハーフモデル・長谷川潤(32)が10日、所属事務所を通じて離婚したことを発表した。

 所属のオスカープロモーションはマスコミ宛てファクスで、「突然ではございますが、弊社所属のモデル長谷川潤が離婚致しましたこと、ご報告させていただきます」と報告。「お相手は、一般の方になりますので、結婚の際同様、公表に関しましては控えさせて頂きます」と詳細は明らかにしていない。また「この件に関しましての記者会見など行なう予定はございません。ご了承下さい」としている。

 長谷川は事務所を通じ以下のコメントを発表した(原文ママ)。

「この度、私、長谷川潤は結婚生活にピリオドをうちました。この8年間は幸せな事もたくさんありましたし、何より2人の子供を授かったことに感謝の気持ちしかありません。時間をかけ話し合い、夫婦という形は解消することになりましたが、子供たちには今後も変わりなく父親と母親として協力し合いながら、たくさんの愛を持って暮らしていきたいと思います。私たちのこれからの未来を温かく見守っていただけますよう、皆様、どうぞよろしくお願いいたします」

 長谷川は2011年6月に一般男性と結婚。同年12月、第1子となる長女、14年9月に第2子となる長男を出産した。結婚後もモデルとして活躍し、今年3月には都内で行われた「JAL HAWAII」新商品・サービス発表会(日本航空主催)に出席。CM出演について「空気感、時間の流れ、人の優しさがハワイの魅力。山下達郎さんの楽曲が格好いい。ご一緒できてうれしかった。ドライブ中に聴きたい」とコメントしていた。