辛坊治郎氏 初のABC出演「BPO提訴の一歩前くらいまでやりたい」

2019年05月08日 13時22分

意気込みを語った辛坊氏

 フリーアナウンサーの辛坊治郎氏(63)が8日、大阪市のABCラジオ「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」(月~木曜午前9時)に生出演し、自身がパーソナリティーを務める生特番「辛坊治郎のズバリ&どうよ!」(11日午後9時5分)への意気込みを語った。

 同番組は「週末に1週間のニュースを振り返りたい」という辛坊氏の希望がかない、放送が決まった。政治・経済・社会などリスナーが知りたい時事問題を取り上げ、辛坊氏が解説する。

 2010年に読売テレビを退職した辛坊氏は、毎日放送などへの出演はあったが、ABCへの出演は初めてとあって「朝日新聞の系列のABCで、クソ朝日新聞とばかりも言ってられないですけど、言いたいことを曲げずにどこまで表現できるかチャレンジするのが面白い。受け入れたABCの度量を感じますね」とニヤリ。「7月以降の毎週レギュラーを目指して、そのパイロット版だと思ってます。とりあえず一回放送してみて、玉砕するのもカッコイイ。コンプライアンス問題でBPOに提訴されると迷惑かけるので、そこまではやらないですけど、一歩手前くらいまでやりたい」と意気込んだ。

 大阪都構想や6月9日に投開票される堺市長選挙にも触れたいと語る辛坊氏は、自身の出馬について改めて問われると「出ません。何回もお話してますが、天命がない。ただ、ここから先、天命が下らないとも限らないですけどね」といたずらっぽく笑った。