フリー転向後の芸能活動は超順調!宇垣美里 “秘蔵ボディー”解禁近い?

2019年05月08日 16時30分

宇垣美里アナ

 3月いっぱいでTBSを退社したフリーアナウンサー宇垣美里(28)が7日、お笑いコンビ「霜降り明星」(粗品=26、せいや=26)とともに、都内で行われたマクドナルドの「改名バーガーズ発表会」に登場した。

 同社は「かるびマック」を「乗(じょう)かるび」と改名するなど3商品を復活させ、8日から期間限定で販売する。

 4月からオスカープロモーションに所属した宇垣は、これが4本目の芸能イベント。事務所に猛プッシュされているように映るが、現在の活動方針について「自分のしたくないことはしない」との考えを持っているという。“違う”と思うことは相手に伝えるそうで、「何でも受け入れるよりは『私はこっちがいいと思う』と言っていきたい」とキッパリ話した。

 注目されるのは推定Gカップ美巨乳の解禁日。先月24日発売の女性誌「an・an」では表紙に登場し、グレーのタイトなミニワンピース越しに、丸みのある“桃尻”、引き締まった“スキニー脚”を披露した。しかし、古巣のTBS内では「自慢のバストではなく、なぜヒップと脚?」との声が上がったという。

「女性をターゲットにした雑誌だし、バストを強調したグラビアだと同性から反感を買いやすい。それでヒップと脚をフィーチャーしたのだろう。バストのお披露目は男性誌になるのでは!? 実際、すでに複数の出版社が立案している」(グラビア誌関係者)

 宇垣は昨年10月、TBSアナウンサーの公式インスタグラムでお宝ショットを公開。かがんで両手を横に広げた際、白いワンピースの胸元からギュッと寄せた谷間をガッツリ拝める動画がアップされ(のちに削除)、ネットユーザーから拍手喝采を浴びた。

「アナ専門事務所『セント・フォース』は清楚系を売りにしているので、セクシー路線は展開できなかった。彼女の素材を生かすならオスカー入りは正解だろう」(同)

 今後はセクシー路線の宇垣を見られそうだ。

関連タグ: