尾木ママ「5月病」防ぐ4つの方法を紹介

2019年05月07日 10時47分

尾木ママ

 教育評論家の尾木直樹氏(72)が6日、ブログを更新し「5月病」に言及した。

 改元もあり、最大10連休のゴールデンウイークが終了。7日から学校や会社が始まり、憂鬱な気分になる人も多い。「5月病」にかかり、不登校になってしまう生徒も出てくる季節だ。

 そんな気持ちを察したのか、尾木ママは「心と身体言うこと効かない時はーー決して無理させないでくださいませ」と訴えた。

「10日間もゆったり家族や実家で過ごして自由を味わえば規律一辺倒の集団生活 厳しいのは大人でも同じ!」と続け、無理せず、リスタートするための方法を紹介した。

(1)今日は好きな運動して少しあせかきましょう!

(2)散歩でもいい

(3)GW中の振り返りメモ作り、10日間の自分を相対化しよう!

(4)5月の生活、学習、部活などの具体的目標作り

「一つでもいい やってみると心スッキリ生き生きしてくるよ」と呼びかけた。

 学校にしろ、会社にしろ、せっかく始まった新生活がたった1か月で終わってしまったら、のちのち後悔することもある。

「7~8割の人が不登校気分?? 不登校のグレーゾーンに入っているかもしれないですね 強制的無理せず いろいろ試してみてくださいね」と改善策はいろいろあると主張した。