鈴木奈々が“遅延始球式”を謝罪「本当に申し訳ない」

2019年05月04日 21時19分

平謝りだった鈴木奈々

 タレント・鈴木奈々(30)が4日放送のTOKYO MX「田村淳の訊きたい放題!」で“遅延始球式”に言及。試合開始が遅れたことを謝罪した。

 司会のロンドンブーツ1号2号・田村淳(45)から「鈴木さんが心穏やかでない日々を過ごしているようですけど」と振られると、鈴木は「皆さんにご迷惑をかけて申し訳ない気持ちです」と謝罪した。

 鈴木は先月27日のプロ野球、楽天—ロッテ戦(楽天生命パーク)で始球式を務めた際、なかなか投げなかったために試合開始が遅れた。翌28日、イベントをバックアップした太子食品が公式ツイッターで「私達スポンサーの準備・説明不足であったと深く反省しております」と謝罪した。ただ、鈴木本人が“遅延行為”に触れることがなく、SNSには「始球式はあなたのショータイムではありません」「あれはないわ」「見ててイラつく」など怒りのコメントが殺到する事態になった。

 鈴木のパフォーマンスについて「楽しませてくれればいい」という声もあったが、試合当日は雨が降っており、カッパ姿で試合開始を待つファンからは「早くしてほしかった」という意見も出ていた。この日、淳ら出演者は鈴木をかばったが、「雨が降っていて寒かった。素早く投げることができず、本当に申し訳ないです」と重ねて謝罪。次回登板の可能性を聞かれると「次とか…ダメ」と下を向いた。