新元号で気分もスタイルも一新!?10連休で“令和美人”が爆増のワケ

2019年05月04日 16時40分

明日花キララ

 改元で誕生したのは新しい天皇、皇后両陛下だけではない。“令和美人”が爆発的に増加することになる。このゴールデンウイークが10連休の長期になったことで、女性たちが美容整形に殺到しているのだ。

 都内の美容整形クリニックのスタッフは「10連休の予約は満員。手術用のベッドは100%、いや120%埋まっています。本当に忙しいです」と明かす。

 女性たちが整形するのは目、鼻、口、アゴ。そして豊胸、脂肪吸引などもする。

「整形するところが多ければ多いほど、ダウンタイム(腫れを引かせる時間)が必要になる。最近は技術向上でダウンタイムは短縮されたけど、それでも腫れが引くには時間があった方がいい。10連休もあれば、ご自分が望む形に変えることができます」(美容整形医)

 日本国内だけでなく、整形大国の韓国へ旅行に行く女性も多い。

「GW中に整形ツアーを組む人が多い。日本は無理でも、韓国なら手術後に包帯ぐるぐる巻きで歩いても気にならないという女性も多い」(前同)というから、たくましさにため息が出てしまう。

 タレントが整形を告白することなどから、最近は後ろめたさも減っているので「SNSに『整形してきた』と書き込む女性もいる」(ファッション誌編集者)。

 ある医師は「これまでも連休中に女性患者が増える現象はあった。しかし、これほどまでに増えたことは過去にもない。新元号になって気分を変えたい人が多いんだろう」と話す。

 令和時代に“整形美人”が街を闊歩するのは痛快といえば、痛快なのかもしれない。

 ちなみに、最近の女性がリクエストする「なりたい顔」の有名人は、明日花キララ、橋本環奈、乃木坂46の白石麻衣らがランクインしているという。

 連休明けの職場や学校で、女性の顔や胸をまじまじと観察するのはやめた方がよさそうだ。

関連タグ: