高橋みなみ 夫の“サプライズ”プロポーズに気づかず「これ何?」

2019年05月02日 17時57分

指輪を披露する高橋みなみ

 元AKB48でタレントの高橋みなみ(28)が2日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「高橋みなみのこれから、何する?」の生放送後、報道陣の取材に対応。かねて交際していた15歳年上のIT関連企業に勤務する一般男性と令和初日の1日に結婚したことを報告した。

 ラジオでの生報告後、待ち構えた多くの報道陣に驚きながらも笑顔で登場。改めて結婚した実感を聞かれると「発表した時は実感が湧いてなかったですが、たくさんの方に祝福されて本当に結婚したんだな、と実感が湧きました」と話した。

 令和初日の入籍日は以前から決めていたといい、「昭和生まれの旦那と平成生まれの私で時代が変わる瞬間に、と。5月1日が大安ということもあって、新しい元号で新しい人生を歩もうと思いました」と明かした。

 2016年4月にグループを卒業した約1か月後、熱愛が発覚し、約3年の交際を経てのゴールイン。お相手は俳優・池松壮亮をワイルドにしたイケメンとも報じられた。

「ワイルドな人?」と振られると、「ヒゲを生やしているので、一見ワイルドですけど、和やかな優しい方ですね。すごく頭がいいです。私が分からないことも、彼が教えてくれますし、私が怒っても『大丈夫だよ』『ごめんね』と言ってくれて包容力があります」とメロメロだ。

 AKB総監督時代は厳しい表情を見せることも多かったが「総監督をやっていたので、言葉じりはキツくなることもあるかもしれないけど、鬼嫁にならないように気をつけないといけない。でも、私が勝手に尻に敷いちゃってると思いきや、尻に敷かれてくれているのが正しいかも」と分析した。

 プロポーズは夫の誕生日近くの昨年末で「独特でした」と回顧。ひざまずいて『結婚してください』というお姫様チックなのを想像していたんですけど、キーケースをくれて『ついている小袋を開けてみて』と言われて、キーリングに指輪がついていました。でも、私はちょっと分からなくて『これ何?』と言っちゃいました」と苦笑いで振り返った。

 夫からは「そういうことなんだけど…」と最初は明確な言葉がなかったようで、高橋は改めて「結婚してください」というプロポーズの言葉を自らお願いしたという。

「私はグチグチと『お姫様みたいにやってほしい』と言って。旦那は自分なりにサプライズをしたのに『気付かれなくてビックリした』と驚かれました。去年1年通して(プロポーズを)言ってほしいと伝えてました。『私はいつでも準備できているぞ!』とプレッシャーをかけてました」と計画通り?だったようだ。

 報道陣から結婚指輪を見せるポーズを要求されると、飛び切りの笑顔で「これ、やってみたかった!」とにっこり。

 子供については「特に考えてはいないんですけど、(前田)敦子ちゃんが出産して、お子さんを見るとかわいいなというのもあるので、時期がきたら考えたい」とした。

 最後に「幸せですか?」と聞かれると「めちゃくちゃ幸せです!」と答えて会場を後にした。