堀ちえみ 食道がんはステージ0「ホッとして涙があふれました」

2019年05月02日 16時34分

堀ちえみ

 がん闘病中のタレント・堀ちえみ(52)が2日、公式ブログを更新。先月16日に受けた食道がんの内視鏡手術で取り除いた組織の病理検査の結果を明かした。

 食道がんはステージ0の初期で、手術ですべて取りきり、追加の治療も外科的手術も必要ないと伝えられたという。今後は半年に一度胃カメラ検査など、経過観察していく。今月末には大腸の検査も受ける予定だ。

 堀は2月にステージ4の舌がんで、左首のリンパ節にも転移していることを公表した。11時間に及ぶ手術で舌の6割を切除し、太ももの組織を移植する再建手術を受けている。

「食道癌は早期発見だったので、本当に助かった…。『本当に良かったですね』と先生が仰って下さった時に、ホッとして思わず涙が溢れました。舌癌になった事により、早期発見が出来たと考えれば、ちゃんと意味があったのかも知れません」と胸をなでおろし、医者や家族に感謝した。

 その後、病院から食道がんの手術前に訪れた烏森神社にお礼参りをしたという。堀は「皆様にもご心配をお掛け致しました。励ましのコメント、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。これからもリハビリに、一生懸命励みたいと思います」と結んだ。