高橋みなみ“令和元旦婚”をラジオで生報告「人妻になったのピンとこない」 

2019年05月02日 13時53分

夫とのツーショット写真を公開した高橋みなみ(インスタグラムから=@taka37_chan)

 15歳年上の一般男性と結婚したことを発表した元AKB48でタレントの高橋みなみ(28)が2日、パーソナリティーを務めるTOKYO FM「高橋みなみのこれから、何する?」で結婚を生報告した。

 高橋は2日に、SNSを更新し、夫とのツーショット写真を投稿。「私事で大変恐縮ではございますが、私、高橋みなみは、かねてよりお付き合いしておりました一般男性の方と5月1日に入籍致しましたことをご報告させていただきます」と報告した。

 番組冒頭で高橋は「私、結婚しましたー!」と元気一杯に報告。「昨日、銀座で公開収録させていただきまして、あれが独身最後の仕事でした。あの生放送が終わってから、籍を入れにいったわけですよ」と当日のエピソードを明かした。

 入籍から一日たったが「いまだに自分が、人妻になったことにピンとこない部分もある」と、まだ実感は湧いていないようだが「こんなにおめでとうという言葉をたくさんの方に言っていただけることはないですね。AKBを卒業したときも祝福のメッセージをいただいていたんですけど、それを超えるくらいたくさんの言葉をいただいています」と感謝の気持ちを伝えた。

 さらにリスナーに対して「結婚したことによって、より深くリスナーの皆さんとつながれるんじゃないかなと思います。今まで話せなかったこともあったので、今日をきっかけにいろいろ解禁していきたいなと思います。これからもよろしくお願いいたいます」と語りかけた。

 そして、自身がセンターを務めた「桜の花びらたち」のイントロが流れ始めると「このチャイムを聞いていたころは、14歳中学2年生でした。あれから14年、私にまさかこんな日が来ようとは。新しい世界の扉はいくつになってもあるんだなと感じています」と振り返った。

関連タグ: