元乃木坂・斎藤ちはるアナがGW初日のTDLの“大異変”を告白

2019年05月02日 12時39分

斎藤ちはるアナ

 2日放送のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」はゴールデンウイーク(GW)の各地の混雑を特集した。

 茨城のネモフィラや埼玉に開業したムーミンバレーパーク周辺で大渋滞が発生する中、意外だったのは、東京ディズニーランド。

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーでテレビ朝日の斎藤ちはるアナウンサー(22)がGW初日に訪れたところ、まさかの“ガラ空き”だったという。

 もちろん、斎藤アナは大混雑を想定。あえてGW初日を選んだのも、同期9人が集まる日がそこしかなかったからだ。

 ところが、どのアトラクションも待ち時間はほとんどなし。当日は雨模様で、天候の運もあったとはいえ、斎藤アナは「3大マウンテンに2回ずつ乗っちゃいました」とニヤリ。 

 通常なら2~3時間待ちが当たり前の同パークの人気アトラクション、ビッグサンダーマウンテン、スペースマウンテン、スプラッシュマウンテンを十分に満喫したというからこれは“異変”というしかない。