「祭nine.」が令和初の武道館ライブ「日本を代表するグループに!」

2019年05月01日 20時30分

令和初の武道館アーティストとなった「祭nine.」

 2017年にメジャーデビューした7人組ボーイズユニット「祭nine.」が1日、東京・千代田区の日本武道館で単独ライブ「祭元年~新しい挑戦~」を行った。

 令和初の武道館アーティストとなった祭nine.は、名古屋発のイケメングループ「BOYS AND MEN」(通称・ボイメン)の弟分。目標だった武道館公演をまたとないタイミングでやれることを、リーダーの寺坂頼我(19=赤)は「こんな注目されるときに僕らが一発目とはありがたい。もう一段上がっていくチャンス。夢をつかんで、また一歩前に進んでいく姿を、ファンに見せたい。テッペンを取って日本を代表するグループになる」と喜んだ。

 また、横山統威(18=緑)は「僕たちが令和を引っ張って、元号を変えるくらいの勢いで突っ走っていく」と自信を見せ、野々田奏(19=黄)は「アクロバットに挑戦し、平成とは違う僕らをお見せできると思う」と胸を張った。

 会見には清水天規(21=紫)、浦上拓也(19=白)、神田陸人(21=ピンク)、高崎寿希也(18=青)も出席した。