NHKでSMAP歌唱シーン「平成を駆け抜けたグループ」

2019年04月29日 20時28分

NHK

 NHK総合「総決算!平成紅白歌合戦『第1部』」で、2016年大みそかをもって解散したアイドルグループ「SMAP」の歌唱シーンが放送された。

 番組はNHK紅白歌合戦の平成の歴史を出場歌手の映像で振り返るというもの。SMAPは平成15年(2003年)の第54回で「世界に一つだけの花」を歌唱し、史上初となるポップス系グループによる大トリを務めたが、この日もそのシーンが放送された。

 番組ではSMAPを「平成を駆け抜けたグループ」と位置づけた。ネットでは「オーラが違う」「SMAP出た!」「平成代表はやっぱりSMAP」などの声があふれ、視聴者にとっては平成の終わりの思わぬプレゼントとなったようだ。