藤田ニコル 令和に「ラジオ番組やりたい」下ネタも予告

2019年04月28日 20時08分

藤田ニコル

 モデルの藤田ニコル(21)が28日、東京・渋谷区のSHIBUYA109で行われた「新ロゴ点灯記念セレモニー」に出席した。

 若者が集まる109は1979年4月にオープンし今年、40周年を迎えた。それを記念して昨年、新ロゴを募集し、9537点の応募から選ばれた。

 中学2年生から109に通い、自身がプロデュースするアパレルブランド「NiCORON(ニコロン)」の1号店を出店するなど〝109の申し子〟といえる藤田は、点灯式という大役を任されて「まさか自分が平成が終わるタイミングで、109の点灯できる人になれたことに感動していますね」と笑顔を見せた。

 間もなく平成の時代が終わりを迎えることに「終わっちゃうのは実感がないんです。(平成は)熱い時代だったなと。やり残したこと? 全くないです」と話す一方で、令和の時代にどうしてもやりたいことがある。

 それはラジオ番組パーソナリティーで「ラジオ番組をやりたいという夢があるのですが、かなっていない。実現したら? テレビで話さないことを話したい。下ネタとか…」とドッキリ発言も飛び出した

 4月28日は「シブヤの日」ということで、長谷部健渋谷区長らも出席した。