草なぎ剛「思い出が詰まった」平成 「令和につなげていきたい」

2019年04月27日 15時46分

左から小西真奈美、草なぎ剛、池田成志

 元「SMAP」の俳優・草なぎ剛(44)が27日、都内で主演舞台「家族のはなし PARTI」の稽古を公開した。

 2本の喜劇で構成され、1話「わからない言葉」で草なぎは犬役に初挑戦。「そんなにセリフがない。楽だな。犬で良かった。ほぼしゃべらなくていい」とニヤリ。2話「笑って忘れて」では「セリフがある。1話も2話も犬だとお客さんも怒る。『全然しゃべってないじゃないか』と」と笑った。

 私生活では愛犬のフレンチブルドッグ・クルミちゃんを2年ほど前から飼っている。「劇で協力してもらう部分がある。映像で」とクルミちゃんはステージに立たないものの、劇中で流れる映像で〝出演〟すると明かした。

 共演は女優・小西真奈美(40)。劇作家の故つかこうへいさんの2000年の舞台で顔を合わせて以来、19年ぶりの共演となった。小西は草なぎに「存在が頼もしい」と信頼を寄せているようだ。

 草なぎはSMAPの一員として、まぎれもなく平成を彩ったトップアイドルだった。31年間について「たくさん思い出が詰まっている。それもプラスに変えて令和につなげていきたい」と誓いを新たにした。

 舞台は5月4日~6月1日、京都市の京都劇場で上演される。