ミスヤンマガ・寺本莉緒 女子ラグビー入団テストは不合格「応援に専念」

2019年04月26日 16時00分

入団テストにトライした寺本莉緒

「ミスヤングマガジン2018」で現役女子高生タレントの寺本莉緒(17=T150・B82・W57・H85)が26日、都内で行われた7人制女子ラグビーチーム「東京山九フェニックス」ネーミングライツスポンサー発表イベントに出席し、入団テストを受けた。

 テストはパスとタックルだったが、健闘むなしく不合格。四宮洋平監督は「入団は無理だが、ぜひチームの応援をしてもらいたい」と応援隊長の就任を要請した。「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2019」第2戦東京大会(5月18日、秩父宮ラグビー場)の応援に駆けつけるという。

 寺本は「私と同じくらいの身長の選手もいるが、とにかく体幹がすごい。私は応援に専念したい。試合にも足を運ぶので、これをきっかけにラグビー女子が増えたらいいな」と語った。

 広島出身の熱烈な“カープ女子”だけに、もっぱら野球観戦が趣味だという。こいのぼりのシーズンを前に、7連勝と波に乗る広島の快進撃に気をよくしており「絶対に優勝する! 信じている」と4連覇を願った。司会は上智大生の女優・岩本千波(19)が務めた。