立川談四楼 池袋暴走の悲劇に「涙を禁じ得ない」

2019年04月25日 13時18分

 落語家の立川談四楼(67)が25日、ツイッターを更新し、池袋の暴走事故に言及した。

 19日、東京・豊島区の池袋で高齢男性(87)が運転する乗用車が暴走し、通行人を次々とはねた。

 自転車で走行していた31歳の女性と3歳の娘が死亡。8人が負傷した。

 談四楼は「『一瞬で私達の未来は奪われた』車の暴走によって妻子を亡くした男性の会見は胸を打ち、恥ずかしがり屋の妻と幼い娘の写真を公開するに至った経緯を語った時には涙を禁じ得なかった」と遺族の無念は察するに余りあると指摘。

「『危険運転をしそうになった時、二人を思い出しとどまってくれるかもしれない――』池袋の事故は様々に考えさせられる」と、悲惨な事故の背景にある裏側に思いをはせた。