「=LOVE」メンバー 改めて恩人・指原に感謝「応えていかなきゃいけない」

2019年04月23日 17時02分

「=LOVE」と「かみなり」

 HKT48・指原莉乃(26)がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」が23日、都内で、5枚目のシングル「探せ ダイヤモンドリリー」(24日発売)の発売記念イベントに出席した。

 同グループは大谷映美里(21)、大場花菜(19)、音嶋莉沙(20)、斎藤樹愛羅(14)、斉藤なぎさ(15)、佐々木舞香(19)、佐竹のん乃(20)、高松瞳(18)、瀧脇笙古(17)、野口衣織(18)、諸橋沙夏(22)
、山本杏奈(21)の12人で構成される。

 デビュー作から全てでセンターを務める高松は「佐々木舞香ちゃんのサビのソロパートが苦しいくらい好き。ハ行が上手で、ハの入り方が世界一うまいです。大好きです」と熱弁すると、佐々木は「ぜひ聞いてください!」と笑顔でお願いした。

 今作の歌詞も指原が担当。斉藤は「指原さんの歌詞がステキで、言葉が心に染みる。深読みしていただければと思います」とアピールした。

 また高松、野口、大谷の3人は2017年にデビューした際、指原プロデュースで「週刊プレイボーイ」でグラビアを飾った。高松は「最近、3人がまた週プレのグラビアをさせていただいたんですけど、それも指原さんが『絶対週プレで!』と決めてくださった。私たちのために『出させてください』と言ってくださっているのを知ってうれしいですし、ちゃんと応えていかなきゃいけないなと思います」と気を引き締めた。

 そんな大恩人の指原が28日に横浜スタジアムで開催する卒業コンサートは、もちろんメンバー全員で訪れるという。

 なお、イベントには、お笑いコンビ「カミナリ」の石田たくみと竹内まなぶがゲスト出演。まなぶの特技である“利きツッコミ”をメンバー5人が初体験した。

関連タグ: