鈴木楽がランドセルCM かつて出演した兄・福から「楽しんでやってきてね」

2019年04月22日 16時36分

CM発表会に出席した鈴木楽(左)、小林よしひさ

 大ヒットドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)で知られる名子役・鈴木福(14)の弟で子役の鈴木楽(たの=5)が22日、都内で行われた「イトーヨーカドー ランドセル2020」CM発表会に出席した。

 同CMにはかつて福も出演していた。来春、小学生になる楽は「お兄ちゃんが出ていて、僕も出ることができてうれしかった。お兄ちゃんには『ヨーカドーのCM撮影は楽しいから、楽しんでやってきてね』と言われた」と振り返ると「とっても軽くて背負いやすい」と製品をアピールした。

 その後は、NHKの人気幼児番組「おかあさんといっしょ」で11代目体操のお兄さんを務めた〝よしお兄さん〟こと小林よしひさ(37)と一緒に体操を披露。「小学校に入ったら友達を1000人つくりたい。そして、ユーチューブで見たコーラにラムネを入れるような実験をやってみたい」と、来年の入学を心待ちにした。

 もうすぐ訪れる10連休は「ミュージカルやバーベキュー、釣りなど川に行ってめっちゃ遊びたい」と家族で目一杯楽しむ予定。「お兄ちゃんは優しくて(演技などを)ちょっとくらいはアドバイスしてくれる」という。

 4月からスタートしたランドセル戦線で、同社は昨年比200%の売り上げを記録。順調な滑り出しを見せている。今年のモデルは「手ぶ・ラク」と題し、学校の荷物が多すぎてランドセルに入りきらない実態に対応。驚きの収納力が売りだ。全60タイプ、200種類をラインアップしている。

関連タグ: