元仮面女子・橋本ゆき氏が渋谷区議初当選「地道に誰よりも駅に立ちました」

2019年04月22日 08時01分

当選した橋本ゆき氏

 21日投開票(一部地域は22日開票)された統一地方選後半戦で、東京・渋谷区議選に立候補したアイドルグループ「仮面女子」の元メンバー橋本ゆき氏(26=あたらしい党)が2376票で当選した。定数34に対し55人が出馬した中、4位の高得票だった。


 22日午前1時前に当選が確定。渋谷区の事務所に歓声が響いた。橋本氏は結果を受けて、「ゼロから地盤も組織もないところから始めた。アイドルだから受かったと言われそうだが、地道に誰よりも駅に立ちました。素の私を見て判断してもらったことが勝因です」と話した。

 アイドル時代は桜雪の名前で活動。昨年12月22日、自身の生誕祭で政界転身を発表。翌朝から駅頭に立ち、「勝算ゼロ」からの政治活動をスタートした。

 同党の元アイドル候補でメイドカフェ勤務や地下アイドル経験のある入江あゆみ氏(30)は豊島区議選で1972票を獲得し初当選した。