ミルコ騎手が京都の魅力を紹介「錦市場はわくわくする!」

2019年04月19日 19時29分

京都の魅力を紹介するミルコ騎手

 JRA(日本中央競馬会)のミルコ・デムーロ騎手(40)が、大阪・読売テレビの「イタリア人騎手ミルコ・デムーロが見た グラッチェ!京都」(5月3日午後8時54分スタート=関西ローカル)に出演する。

 番組では4週にわたって、ミルコが京都の様々な場所を訪れ、魅力を紹介。合わせてミルコのキュートな素顔に迫る。

 第1回の放送では、400年以上の歴史を誇る京の台所「錦市場」を訪問。毎日のように納豆を食べるという日本食好きとあって「錦市場はよく来ますよ。いろんな食べ物があってわくわくする。イタリアにはこんな感じのところはないね。来たらいろいろ食べたくなる!」と上機嫌で市場を巡った。

 収録を終えたミルコは「京都は大好き。ほかのどこにも住みたくない。京都の夏は暑いのですが、ボクは寒がりなのでちょうどいいんです。キレイなところがいっぱいあるので番組を全部見てほしい。でも、4回だけでは足りない。食べるところもいっぱいあるからね」と苦笑した。

 本業の天皇賞・春(28日、京都競馬場)ではエタリオウに騎乗する。平成最後のGIに向けて「イタリアと日本では競馬の文化が全然違いますね。ヨーロッパはまだおじさんが馬券を買うだけのイメージが強いと思いますが、日本では馬券を買うだけじゃなく、馬を見るために競馬場に来たりする。騎手の人気もあるし、ほんとにスポーツになっていますね。特にGIレースは盛り上がるので楽しいですね。ぜひ応援しに来て! お願いします!!」とアピールした。