松岡茉優が“GWの案内人”に!「ショートトリップ体験できる映画です」

2019年04月18日 21時18分

試写会イベントに出席した松岡茉優

 女優の松岡茉優(24)が18日、都内で行われたアニメ映画「バースデー・ワンダーランド」(26日公開)の“案内人”試写会イベントに出席した。

 同映画は、自分に自信がない小学生の主人公アカネが、不思議な動物や人が住む「ワンダーランド」を救うために立ち上がる冒険物語だ。

 アカネの声を務める松岡は「子供だけではなく、大人も楽しめる作品になっています。10連休のゴールデンウイークの公開になるので、旅行には行けないという方でもショートトリップしたような体験ができると思います」とPRした。先日は、アニメの国際映画祭として権威ある「2019アヌシー国際アニメーション映画祭」(6月10〜15日、仏・アヌシー)のコンペティションにもノミネート。それだけに「海外の方にも見ていただける機会になり、本当に喜ばしいです」と表情をほころばせた。

 物語の中では、アカネをワンダーランドに案内する案内人が登場する。それにちなみ、この日はキャビンアテンダント(空の案内人)、ツアーコンダクター(旅の案内人)など、各職業の“案内人”を招待しての試写会となった。松岡は女性タクシードライバーや自由が丘の街を案内するボランティアなど“案内人”にインタビューして場を沸かせた。