仮面女子・窪田美沙が“汚部屋”卒業「25歳になったので…」

2019年04月18日 18時39分

左から野咲わか、月野もあ、窪田美沙、胡桃そら、百瀬ひとみ

 最強の地下アイドル「仮面女子」の窪田美沙(25=アーマーガールズ)がこのほど、東京・秋葉原の仮面女子カフェで生誕祭を行い“汚部屋”から卒業したことを報告した。

 窪田はオレンジ色に染まった会場で、かわいく、激しいパフォーマンスを披露。自ら編集した動画でメンバー紹介とあいさつを行った。その中で「実は昨年、独り暮らしを始めました」と打ち明けた。京都から上京した窪田はデビュー以来、事務所の寮住まいだった。バラエティー番組で「部屋が片付けられないアイドル」「ゴミ屋敷に住むアイドル」などと紹介されていた。

 ライブを終えた窪田は「25歳になったので、もっと大人になりたいなと思いました。汚部屋キャラとして有名になっちゃったので、発表するかどうか迷っていました」と説明。現在は「ちょっと散らかっているくらいです」と笑った。窪田の部屋を引き継いだアマガメンバーの野咲わか(23)は、「(水野)ふえちゃんはキレイ。(山宮)れなちゃんはヤバイです」。窪田らメンバーも「れなちゃんは汚い」と“後継者”に指名した。

 女優を目標にする窪田は、ライブのほかに映画や舞台出演など順調に活動の場を広げてきた。動画では新たに舞台出演が決まったことも明らかにした。「オーディションに受かりました。まだ、詳細は言えませんが、楽しみにしていてください」と呼びかけた。