左足首骨折の稲村亜美が投球練習再開「さらなる進化」に意欲

2019年04月13日 13時27分

稲村亜美

 タレント・稲村亜美(23)が12日夜、自身のブログを更新し、動画を添えて投球練習を再開したことを報告した。

“神スイング”で話題になった稲村だが、今ではプロ野球の始球式で披露する“剛速球”でおなじみ。しかし、昨年11月に左足首を骨折した影響で、開幕には間に合わなかった。

 そんな中、「ピッチング練習開始」のタイトルで「ついに骨折以降なかなかできなかったピッチング練習をはじめました」と報告。「久しぶりに投げたので変なところが力んだり下半身が全く使えてなかった」と課題も見つかったようだが、「クタクタになるまで投げれたので良かったです」と充実感をにじませた。

 まだ、プロ野球は開幕したばかりで今後、始球式に登板する機会はありそう。「これから投げ方も改善してさらなる進化できるようにがんばります。これからも皆さんが求めてくれるかぎり投げ続けたいと思います」と“復帰”に向けて力を込めた。