入院中の高須院長をフリーメイソンが激励

2019年04月12日 14時24分

高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長(74)が12日、ツイッターを更新し、フリーメイソンから病気の回復を願うカードが届いたことを明かした。

 高須院長は気管支炎で入院中。熱や咳の症状があり、ゴルフやマージャンをキャンセルした。

 全身がんを公表しているだけに、心配の声が相次いだが、そんな中、高須院長もメンバーに名を連ねるフリーメイソンからも激励のメッセージが届けられた。

 高須院長は「フリーメイソンから祝福カードなう」とつぶやき、カードの画像を掲載した。

 高須院長は自身も医者であることから、入院中に病院を抜け出し、他の患者の美容手術を行うことを表明。

「僕は体調が悪くても患者様の期待にこたえます」と覚悟をつづっている。