ナイナイ岡村 大型オーディション番組担当に「ワクワク」矢部は「重すぎる」

2019年04月11日 15時42分

ナインティナインの矢部(左)と岡村

 お笑いコンビ「ナインティナイン」(岡村隆史=48、矢部浩之=47)が11日、都内でグローバルボーイズグループオーディション「PRODUCE 101 JAPAN」新プロジェクト概要発表会見に出席した。

 同プロジェクトは、韓国で放送された視聴者の投票でデビューするメンバーが決まるオーディション番組「PRODUCE 101」の日本版。応募資格は日本在住の16歳以上、30歳以下の他のプロダクションに所属していない男性。募集は5月31日まで。

 オーディションが始まると、101人の練習生が選出される。その後、日本国民の視聴者による「国民プロデューサー」によって最終的に11人が選ばれ、2020年にデビューする予定だ。

 この日、ナイナイは国民プロデューサー代表として登場。岡村は「昔、ASAYANというオーディション番組の司会をしていて、デビューしてスターになる方を見ていた。これから世界に出ていくスターを間近で見られるんだなと思うとワクワクする」と語った。

 また過去を振り返り「売れてスターの階段を上っていくと、態度が悪くなっていく人がいた(笑い)」と笑わせた。

 矢部は、あまりにも大きなプロジェクトに「今日は司会進行と聞いてきた。マネジャーから聞いていた話と違う(笑い)。重すぎる、大したことは僕らにはできませんよ~」と驚きを隠せない様子だった。