山川豊 三重が題材の曲を継続「元号をまたいでヒットさせたい」

2019年04月04日 16時34分

特産品を紹介する山川豊

 三重県出身の演歌歌手・山川豊(60)が4日、東京・日本橋のアンテナショップ「三重テラス」を訪れ、来館者350万人突破を記念したイベントに参加した。

 長年、「みえの国観光大使」を務めている山川は2013年にオープンした同所のお祝いに駆けつけた。この日、スペシャルコンシェルジュに就任すると、さっそく「生あおさはみそ汁に入れると最高! 伊勢うどんは湯通ししてたれをかければ、すぐに食べられるのが魅力」と三重の特産品を紹介した。

 昨年から三重を題材にしたシングル「今日という日に感謝して」を歌ってきた。今年も新曲は出さずに、「平成から令和と、2つの元号をまたぐのは初めて。元号をまたいでヒット曲にしたい」と継続して歌っていくと宣言した。