堺正章明かす 猪木氏の闘魂ビンタ食らった裕也さん「医者呼んでくれ」

2019年04月03日 18時16分

弔問に訪れた堺正章

 3月17日に肺炎のため死去したロック歌手・内田裕也さん(享年79)のお別れの会「ロックンロール葬」が3日、東京・青山葬儀所で営まれ、ファンや関係者など950人が参列した

 同時代を生き抜いた盟友のタレント・堺正章(72)が弔辞を読んだ。裕也さんは自身の古希祝いで、アントニオ猪木参院議員から闘魂ビンタを食らったといい「小さい声で『シェキナベイベー』と言ったが、違った。『医者呼んでくれ』と言ってたんだ」と面白おかしく振り返った。

 また、堺は昔、裕也さんから「歌手として長生きするにはどうしたらいいか分かるか? ヒット曲を出さないことだ」と力説されたと明かし「それをあなたは貫いた」と天国に語りかけ、会場を笑わせた。

 会には、ビートたけし本紙客員編集長のほか俳優の北大路欣也、竹中直人、「HKT48」指原莉乃らが参列した。

関連タグ: