頭部強打の爆笑・太田 記憶喪失?マネジャーに「お前の名前は何だっけ」

2019年04月02日 16時35分

爆笑問題の太田光

 お前、誰だ!?――。先月30日の生放送「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)で大転倒して頭部を強打し、救急搬送された、お笑いコンビ「爆笑問題」太田光(53)の容体を多くのファン、業界関係者が心配している。そうしたなか、新元号「令和」が発表された1日、本紙の緊急取材に応じた所属事務所の太田光代社長(54)の口から驚きの証言が飛び出した。それは、自らのマネジャーに対して「お前の名前なんだったっけ?」と話したという。まさか、記憶を喪失してしまった…。

「太田が頭部強打で入院」のニュースに、想像以上の大きな衝撃が世間に走った。現場大好き人間の太田が3月31日の「サンデー・ジャポン」(TBS系)、「爆笑問題の日曜サンデー」(TBSラジオ)と生放送を2本も欠席したのだから、タダごとではない。

「頭部強打のシーンがあまりにもショッキングすぎて、生放送を欠席したということが、さらに拍車をかけました。太田さんがどのような状態かは、業界関係者でも臆測も含めて様々な情報が飛び交っています」(テレビ局プロデューサー)

「ENGEIグランドスラム」で太田は、ステージ床に飛び散った生クリームで足を滑らせ、倒れた際に頭部を強打し、救急搬送された。

 31日の時点では、検査での異常は見つからず、普通に会話もできる状態だったが「大事を取って再検査する」と光代社長は本紙に明かしていた。

 その再検査の内容について、1日の取材で光代社長は「病院は脳外科で有名なところと、かかりつけの病院と2つで検査してもらいました。先生にも複数でチェックしていただきました。その結果は問題ありませんでした」と話す。

 ただ、頭部へのダメージは時間が経過してから、影響が表れることもある。その点は光代社長も承知しているようで「先生からもそれは言われています。なので、これから半年ぐらいは、細心の注意を払っていくことになると思います。横にいる田中(裕二)が一番分かると思うので、注意してもらうことになると思います」との方針を示した。

 そんな状況にもかかわらず、病室にいる太田は早く仕事復帰したくてうずうずしているようだ。

 病室ではマネジャーや看護師を相手に記憶喪失になったふりをしてボケまくっているという。

「マネジャーに対しては『あれ、お前の名前なんだったっけ?』とわざと、忘れたふりをして、笑わせています。太田を知ってる方ならジョークと分かる口調なのですが、それを知らない人間もいますから。あんまりボケまくると、本気にしちゃう方もいると思う」と光代社長は苦笑いする。

「私が『本気にしちゃう人もいるからね』と言うと、太田も『分かってるよ』とうなずいてましたよ」(同社長)。現時点では受け答えもしっかりしているようだ。

 3日未明(2日25時~)から放送される「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)の収録にも参加することが正式に決定した。「先生からも許可が出ています。ご心配かけて申し訳ありません。本人からの言葉をお待ちください」と、太田の「第一声」は同番組内でとなりそうだ。

 光代社長は「私も今年初めにお酒に酔い、不注意で嵌入(かんにゅう)骨折してしまっているので、ケガをしたことに関しては責めることはできません。それにしても生クリームで足を滑らせて頭を打つなんて、不謹慎かもしれませんが、私にとってはかなりファンタジーな出来事。そんな人見たことがない。すごいなと。これを笑い飛ばすためにも、万全にしないといけない。ま、大丈夫ですよ」と最後は妙に納得していた。

 太田が復帰一発目に、この“大事件”をどうネタにするか楽しみだ。

関連タグ: