頭部強打!爆笑・太田の気になる容体

2019年04月01日 16時30分

入院している太田

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)がテレビ出演中に頭部を強打して救急搬送されたアクシデントで、所属事務所の太田光代社長(54)が31日、現状を説明した。検査で異常はみられないというが、まだ予断を許さぬ状態だ。

 太田は30日に生放送された「ENGEIグランドスラム」(フジテレビ系)の中で、番組の演出で爆破されて床に飛び散ったケーキの生クリームに足を滑らせて転倒。その際に頭を強打し、番組終了後に病院で検査を受けていた。

 翌31日の「サンデー・ジャポン」と、ラジオ番組「爆笑問題の日曜サンデー」(いずれもTBS系)を太田は欠席。相方・田中裕二(54)は「爆笑問題の――」で「(ENGEI)放送中に『おとなしくしておけ』と言ったら、本当におとなしくしていた。普段の太田さんだったら、言うこと聞かずに暴れるから逆に心配になった」と当時の様子を語った。

 ネット上では「見ていて怖かった」との視聴者コメントも見られる太田の転倒。クリームが飛び散った床で足を滑らせて客席に転落し、その後に今度はステージ上で前のめりに倒れ、頭部を強打した。2度目の転倒では尻をついた状態でなかなか起き上がれず、出演者から「立たないで」「横になっていて」と心配する声も上がった。

 気になるのは太田の容体だ。

 光代社長は「検査の結果は異常はありませんでしたが、何があるか分からないので経過観察のために入院させています。本人は仕事大好き人間で、しかも病院嫌いなものですから、嫌そうにしていましたが、今後のためにも再検査しようと思っています」と明かした。

 妻としては夫の身を案じていたが、所属事務所の社長としては「太田の芸人魂」に拍手を送った。

「あの年になって、あれだけ体を張れるというのはすごいなと。全部おいしいところを持っていっちゃった。ギャーギャーやってるだけの人間じゃないと少しは分かってもらえたかもしれません(苦笑)。これをちゃんと笑い話にするためには完全復活しなくてはいけない」と光代社長。

 2日に放送予定のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBS系)の収録には「普段通り参加します」(同社長)とのことだった。