自動車に乗るライダーが出世作の竹内涼真 満を持して車のCM登場

2019年03月29日 16時30分

三菱自動車のCMに登場する竹内涼真

 俳優・竹内涼真(25)が28日、都内で行われた新型軽自動車「eKワゴン」「eKクロス」(三菱自動車)発表会に出席した。出世作となった「仮面ライダードライブ」(2014~15年)は、バイクではなく自動車に乗るライダーとして話題になった作品。なのに意外にも自動車のCMは初めてだ。

 約6年ぶりにフルモデルチェンジしたeKシリーズのテレビCMに起用された竹内。29日から放送のCMでは、ワイヤアクションにも挑戦した。「いい仕上がりだと思います。自分で言うのも何ですけど、カッコいいCMになっています。カッコいい車たちに囲まれて登壇できることをうれしく思います」

 日常的に車を運転するという竹内は、eKシリーズに乗っての理想のドライブルートを聞かれると「新東名を走りたいですね。伊勢原とか富士山の方に走りたい。兄弟とかいとことか、みんなで車に乗って行きたい。自分が運転して、ちびっ子を乗っけているというのが、気持ちがいい」。

 まだ結婚もしていないが、パパへの憧れはあるようだ。司会の女性から「私も連れて行ってもらいたいと思うんですけど、ムリですね?」と軽くおねだりされたが、「それはムリですね」と即答していた。

 広告代理店や企業が自動車関連のCMキャラクターを選定する上で、竹内は常に上位に入っていた。その理由は、「仮面ライダードライブ」で主演したからだ。

「仮面ライダー史上初めて自動車をメインに乗るライダーとして注目を集めた。竹内=自動車というイメージは強かっただけに、いよいよ満を持してCM初出演となった。これからも自動車に関係した仕事は増える一方だろう」と広告代理店関係者。まさに適任と言えそうだ。