大鈴はるみ 仮面女子・スチームガールズ加入「早く1列目に!」

2019年03月29日 20時35分

仮面女子スチームガールズ(左から水野ふえ、橋本友梨英、陽向こはる、大鈴はるみ、黒瀬サラ、雪乃しほり、桑名利瑠、海月咲希)

 25日、東京・秋葉原の仮面女子カフェ1部公演で大鈴はるみ(19)が「仮面女子・スチームガールズ」に加入した。今月2日の組閣発表で昇格が決まってから約3週間。スチームガンとスチガの衣装をまとってステージに登場すると、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。

「ずっと見ていたスチガと一緒のステージに立ててうれしい。楽しかった」とを振り返った大鈴。2部のラストの曲では落ちサビも担当するなど、緊張する様子もなくデビューステージをこなした。センターの黒瀬サラ(22)は「ダンスとか大丈夫かな?という不安はなかった。これからのスチガが楽しみになりました」と“新戦力”に期待を寄せた。

 大鈴は5月1日の仮面女子ワンマン(舞浜杏アンフィシアター)に向けて「先輩の脚を引っ張らないように頑張りたい。今は3列目のゼロずれだけど、早く1列目になりたい」と意気込んだ。

 仮面女子全体としてのデビュー、仮面の儀は後日行われる。