辛坊治郎氏 参院選出馬を否定「天命がないからやめた」

2019年03月29日 21時10分

参院選出馬を否定した辛坊氏

 フリーアナウンサーの辛坊治郎氏(62)が29日、大阪市の読売テレビで、討論バラエティー番組「そこまで言って委員会NP」(日曜午後1時30分)の取材会に登場した。

 同番組は、これまで“副議長”として番組を仕切ってきたフリーアナウンサーの渡辺真理(51)に代わり、同局の黒木千晶アナ(25)が“秘書”として加入。初の収録を終えた黒木アナに対し、辛坊氏は「生放送じゃないので、言いたいことがあれば間髪入れずにズバッと言えばいい。だんだん慣れますよ」とエールを送った。

 辛坊氏はこの日、9年間MCを務めた同局朝の情報番組「朝生ワイド す・またん!」を卒業した。

 これまでの経歴から、選挙のたびに出馬のウワサが絶えない辛坊氏。時間的な余裕が生まれることになったが、出馬について聞かれると「選挙は天命のない人間がやれば乱れる。出馬を考えたこともありますけど、天命がないからやめた。将来、天命があればありえるかもしれないけど、夏の参院選は絶対にない」と否定した。

 また、2013年にともにヨットで太平洋横断を目指した全盲のセーラー岩本光弘氏(52)が、再挑戦したことについて「昨日、日付変更線を超えたと聞いた。難所は日本近海なので、ここからひと月頑張ってもらいたい」とエール。「将来的には、ヒロさんの横断を見届けたら、計画を練り始めようかな」と再挑戦を示唆した。