【日本アカデミー賞】最優秀主演女優賞・蒼井優「映画界に入れて良かった」

2018年03月02日 23時00分

最優秀主演女優賞に輝いた蒼井優

 映画の祭典「第41回 日本アカデミー賞」が2日、都内のホテルで開催された。

 最優秀主演女優賞には「彼女がその名を知らない鳥たち」の蒼井優(32)が輝いた。

 蒼井は瞳をうるませながら「ありがとうございます。なんでしょう、びっくりしてます。この映画を撮っている時に、私、映画界に入れて良かったなと…。こんな大きな賞をいただいてしまって、恐縮してます。これから新学期が始まりますが、学校がつらい方、新生活がつらい方、映画界に来たらどうですか? 本当に映画界って良くないですか? 私本当にそう思います」と声を震わせた。

 最優秀助演女優賞には「三度目の殺人」の広瀬すず(19)、最優秀助演男優賞には「三度目の殺人」の役所広司(62)、最優秀主演男優賞には「あゝ、荒野 前篇」の菅田将暉(25)、最優秀監督賞には「三度目の殺人」の是枝裕和監督(55)、最優秀作品賞には「三度目の殺人」が選ばれた。