【日本アカデミー賞】ジャニーズV2で映画界に“不穏な噂”

2016年03月18日 06時00分

 日本アカデミー賞の最優秀主演男優賞にジャニーズグループ「嵐」の二宮和也(32)が選ばれて約2週間、映画関係者の間で“不穏な噂”がささやかれ始めた。今月4日の授賞式で二宮は、役所広司(60)、佐藤浩市(55)、内野聖陽(47)、大泉洋(42)という実力派を押しのけ受賞した。この選出に映画関係者たちは、テレビ界同様に映画界もジャニーズを中心に回ってしまうのかも?と震え上がっている。

 映画界が不安がるのも無理はない。昨年は二宮の先輩であるジャニーズグループ「V6」の岡田准一(35)が最優秀主演男優賞を獲得。つまり、ジャニーズによる“V2達成”だったからだ。

 この結果に、シラける関係者も多かった。

「二宮の演技が下手というわけではないが、あの5人の中から二宮は選ばない。ただ、授賞式に出席していた時点で『もしかしたら二宮かな!?』と予感はあった。というのも、これまでジャニーズは賞レースに対し『ナンバーワンよりオンリーワンを目指す』方針でほぼ欠席。特に看板の『嵐』をほかの俳優の引き立て役にするとは思えないから。それが出てきたのだから、何らかの“確信”があったのではと思ってしまう」(映画関係者)

 喜ぶ二宮は「ジャニーさん、メリーさん、ジュリーさんと迷惑を掛けてきた人たちに少しは恩返しできたのかな、と」。SMAP独立騒動時に連日名前が報じられたジャニー喜多川社長(84)、メリー喜多川副社長(89)、藤島ジュリー景子副社長(49)のトップ3にあえて言及した。

「いろんな意味で『映画界にはジャニーズあり』『ジャニーズには嵐あり』を印象付けた。ジャニーズが本気を出せば映画界も仕切られてしまうことが、このV2で分かった」と肩を落とすのは前出の関係者だ。

 また、ある映画プロデューサーは「これからジャニーズに企画を相談する時はまず『嵐』を念頭に置くことになるでしょうね。もう『SMAP』じゃない。特に中居を始めとした“反乱組”を主役にした企画は減っていく。体制側についたキムタクもしかりですよ」。

 これまでなら中居が主役の企画が、今後は嵐のメンバーの誰かになる、ということのようだ。

「仮に刑事ドラマなら大野智が主役で、中居が脇で殺される役とかね。下手すれば、ジャニーズ系でも演技派といわれる生田斗真が主役で、SMAPが脇役ということもあるかもしれませんよ」(前出プロデューサー)

 テレビ界同様に映画界を牛耳るだけではなく、SMAPに“引導を渡す”一石二鳥の効果があると、同プロデューサーはみているのだ。

 この先、芝居一筋で精進してきた俳優たちにとって、日本アカデミー賞を取るのは至難の業になるかも。