【東スポ映画大賞】たけし「バカ評論家が日本映画をダメにする」

2016年01月26日 10時00分

映画評論家に怒るたけし

【ビートたけしの東スポ映画大賞総括(2)】大島渚監督も立川談志さんも言ってたように、映画のバカ評論家が多すぎる。映画オタクかもしれないけど、何も分かっていない。わざわざ難解な地味な映画を推薦することによって、自分の教養とか映画に対する思い入れを語ってるのかもしれないけど、そういうヤツがいるから日本の映画がダメになるんだ。

 興行会社が直営館持つのがおかしい。日本だけだよ、こんなバカなことしてるの。作品を作る方と公開する方は別じゃなきゃいけないよ。だから日本映画ダメになるのは当たり前。いろんな監督が低予算で何をやるのかっていったら、お笑いとかアクションとかはカネかかるから、ジャンジャン地味な方向に行ってしまうんだ。その悪循環が分かっていない。あと日本アカデミー賞に必ずノミネートされる作品は大手映画会社が作ったもので、それを日本代表として本家アカデミーに持って行って、たまに運よく外国語映画賞にノミネートされて喜んでるけど、そんなバカバカしい話はないよ。

 それに、映画に対して文句を言わないちょうちん持ちの評論家ばかり。文句を言った評論家は、出入り禁止になって、試写会の招待状も来なくなって、さらに「書かないでくれ」だもん。招待状も来ないような評論家はダメだって言うけど、自分のカネで見て、自由に評論すべきだろ。「味の評論家です」って言って、レストランでタダでメシ食うか? ミシュランだって、最初は覆面取材して、後で「載せていいか?」って名乗り出るだろ。映画の評論家だって、名前を隠して自腹で見て、時期を見て評論を書くんなら、認めるよ。

 意味のない評論家とかライター、コラムニストが多すぎるよ。テレビ見て、こんなことがありましたとか書いてるヤツとかさ。映画評論一本じゃなく、あらゆるジャンルのことを書いて細々と食ってるだけ。その一つが映画会社の言いなりになってちょうちん記事を書くことで、映画評論家って言ってるヤツはダメだよ。相手が怒っても本質を突いたことを書けっての。

 芸能だけだよね、そんなことがまかり通るのは。野球だってサッカーだって、あらゆるスポーツの評論家は、自分が現役の経験があるはずだもん。だけど、映画とか芸能だけだよね。映画監督とかお笑い芸人とか経験してないヤツが平気で評論して、一丁前に語ってるのは。