草なぎ剛 主演「ミッドナイトスワン」の次は…新作映画「サバカン」にキーマンとして出演

2021年12月15日 05時00分

映画「サバカン SABAKAN」に出演する(左上から)竹原ピストル、番家一路、尾野真千子(左下から)貫地谷しほり、原田琥之佑、草なぎ剛
映画「サバカン SABAKAN」に出演する(左上から)竹原ピストル、番家一路、尾野真千子(左下から)貫地谷しほり、原田琥之佑、草なぎ剛

 俳優の草なぎ剛(47)が出演する新作映画「サバカン SABAKAN」(2022年8月公開予定)の製作が決定したことが15日に発表された。

 映画「ミッドナイトスワン」でブルーリボン賞、日本アカデミー賞で主演賞を獲得した草なぎが新作「サバカン」では物語の鍵を握る〝重要なわき役〟として物語を彩る。

 同映画は80年代の長崎を舞台に、少年の冒険と家族のひと夏を描く愛の物語。主役には新人子役の番家一路(ばんか・いちろ=11)を抜擢。ほかには子役の原田琥之佑(はらだ・こうのすけ=11)、竹原ピストル、尾野真千子、貫地谷しほりに草なぎが出演する。

 番家は「僕の初めての映画撮影サバカン。初めての長崎。撮影が始まると監督が謎の足いたで車椅子でした。『感情が入っていない』とよく怒られました。が、3歩歩くと忘れてしまうのでまた怒られました。でも監督は諦めず僕に気持ちを入れてくれました。猫背もほめてくれました。この夏僕は、いろいろな優しくてこわくて面白い人達に出会え、楽しかったです」と気持ちを表す。

 草なぎは「僕にも忘れられない子供の頃の思い出があります。あの頃のおかげで踏ん張れる事ってあると思います。この作品を見るとそんな事を思い出してもらえるんじゃないかな」とコメントを寄せた。

関連タグ: