声優・梶裕貴がTIFFのレッドカーペット登場 22年公開アニメ映画で秀才高校生役

2021年10月30日 18時24分

いしづかあつこ(左)と梶裕貴(東スポWeb)
いしづかあつこ(左)と梶裕貴(東スポWeb)

 声優・梶裕貴(36)が30日、映画の祭典「第34回東京国際映画祭」(TIFF)のレッドカーペットに登場し、無数のフラッシュを浴びた。

 ジャパニーズアニメーション部門に選出されたアニメーション映画「グッバイ、ドン・グリーズ!」(2022年公開)には、ロウマ、トト、ドロップという少年3人の大冒険が描かれている。

 同作で梶は、小学校の時にロウマと出会う秀才・トトの声を担当した。「トトは、まだ高校生。僕と近いところというと、なかなか正直になれないところ。葛藤、優しさなどを素直に表に出せない繊細なところがある青年かなと感じた」と、役柄と自分を重ねて語った。

関連タグ:

ピックアップ