西島秀俊 エキストラ1000人と共演「すごい集中力で臨んだ」

2020年11月09日 19時50分

点灯式イベントに出席した(左)から西島秀俊、佐藤浩市、石田ゆり子

 俳優の佐藤浩市(59)、西島秀俊(49)、女優の石田ゆり子(51)が9日、都内で行われた映画「サイレン・トーキョー」5都市タワージャックイベントに登場した。

 イベントは、クリスマスの東京を突如襲った連続爆破テロに翻弄される国家と人々の姿を描いたクライムサスペンスが12月4日に公開されることを記念して行われたもの。

 東京タワーをはじめ、京都タワーや、名古屋テレビ塔など5都市でライトアップが行われた。

 クリスマス仕様に輝く東京タワーに、佐藤は「この1年間、世界でコロナがあった中で、来年も無事にこういうイルミネーションを見てきれいだなって思えるような生活をみんなが送れたらと思う」と話した。

 また、同映画のメインシーンであるクリスマスの渋谷を足利市の巨大オープンセットで再現し、撮影が行われたという。

 物語の中で、佐藤演じる爆破テロの犯人を追う刑事役を演じた西島は「大変な現場だった。ビルなどがない状態で1000人くらいのエキストラの皆さんとイメージを共有して、タイミングを合わせて撮影した。一瞬の出来事に1000人がタイミングを合わせるのは本当に大変なこと。皆さん、すごい集中力でそこに臨んでいた。できあがった映像を見ても『みんなで頑張った結果なんだよな』と全然客観的に見れなかった」と振り返った。

 そんな同作品を石田も「今まで見たことがない映画だなと思う」とアピールした。