俳優・清水尋也 主演映画公開決定に「少しでも意味を与えられれば」

2020年10月08日 18時00分

映画「青い、森」に主演する清水尋也

 俳優の清水尋也(21)が主演する映画「青い、森」(井手内創監督、内山拓也監督)の劇場公開(11月6日~ UPLINK吉祥寺、ほか)が決定したことが8日、発表された。

 同映画は「第2回未完成映画予告編大賞」の審査員賞を獲得。この度、主演に映画「ホットギミックガールミーツボーイ」「渇き。」で注目された若手俳優である清水を迎え、製作されることになった。

 清水は「こうして劇場のスクリーンで皆様にお届け出来る事が無事決定し、とても嬉しい気持ちで一杯です。井手内監督と内山監督が描いた物語に、いかに命を吹き込む事が出来るか奮闘する毎日でした。色々な事が起き、変化が訪れている昨今ですが、そんな毎日に少しでも意味を与えられるような作品になっていると思います。波が何を見て何を感じ、そしてそれを追い求める2人の若者の拙くも賢明な姿を、是非劇場でご覧下さい」とコメント。

 また、主題歌をバンド「クラムボン」の原田郁子が担当。「いなくなっても、いるということ。生き続ける、ということ。人と人の距離。計り知れない、それぞれの、こと。何度も何度も繰り返しみたラストシーン。森の奥へ分け入って、さらにその先へ誘うような、サウンドスケープをつくれたらと思いました。この映画から生まれた曲。よろしくお願いします」と曲への思いを寄せた。