まんじゅう大帝国・竹内主演映画「実りゆく」10・2長野で先行上映

2020年07月20日 17時05分

まんじゅう大帝国・竹内主演映画「実りゆく」のメインビジュアル(タイタン提供)

 お笑いコンビ「まんじゅう大帝国」竹内一希(26)の初主演映画「実りゆく」の公開日が20日、決定。メインビジュアルが公開された。

 同映画は竹内演じる、長野県のりんご農家の跡取りとして生まれ、お笑い芸人としての出世を夢見る主人公・実の物語。その父親役には俳優の田中要次、ほかにも小野真弓や三浦貴大らが出演する。映画は10月2日に舞台である長野県で先行上映、同月9日から、東京・新宿の武蔵野館ほかで全国上映される。

 竹内は堤幸彦監督や大根仁監督を擁するオフィスクレッシェンドが主催する「MI―CAN 未完成映画予告編映画大賞」で「MI―CAN 男優賞」を獲得。漫才の方でもコンビで「花形演芸大賞の銀賞」に選出され、将来を期待されている実力派。映画の題字は事務所の先輩である「爆笑問題」の太田光が担当した。

 竹内の相方・田中永真(27)も重要な役どころで出演し、負けず劣らずの熱演を披露している。

 お笑い第七世代のからムービースターが誕生するか?