「シン・エヴァンゲリオン劇場版」公開延期

2020年04月17日 17時59分

 6月27日の封切りを予定していた庵野秀明監督(59)のアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4作目「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開延期が17日、発表された。新型コロナウイルス感染拡大により緊急事態宣言が全国に拡大。これを受けて製作を手掛けるカラーおよび配給の東宝、東映が明らかにした。

 公式サイトでは「2020年6月27日(土)に公開を予定しておりました、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』につきまして、新型コロナウイルス感染症(COVID―19)拡大による国内外の未曾有の事態を受け、慎重に検討を重ねた結果、公開日の延期を決定いたしました」と発表。また今後の公開予定に関しては、「決定次第、速やかに『エヴァンゲリオン』公式サイト、公式SNSにてお知らせいたします」と伝えている。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」はテレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のリメーク作品で全4部作を予定、第1作(前編)「序」が07年、第2作(中編)「破」が09年、第3作(後編)「Q」が12年に公開されている。今年6月に第4作(完結編)の「シン・エヴァ」が公開予定だった。