【毎日映画コンクール】田中絹代賞は風吹ジュン「また勇気をもって役に挑戦したい」

2020年02月13日 21時09分

受賞を喜んだ風吹ジュン

「第74回毎日映画コンクール」が13日、神奈川県川崎市内で行われ、長年、第一線で活躍を続ける女優の風吹ジュン(67)が、田中絹代賞を受賞した。

 風吹は「素晴らしい賞を頂いて心から感謝し、お礼を申し上げたい。1974年にデビューして、翌年、ドラマ『寺内貫太郎一家2』(TBS)でドラマに出るようになった。それから素晴らしい方々とたくさん出会ったが、決して平坦な道ではなかった。2人の子供を抱えてシングルマザになり途方に暮れた時、『無能の人』(1991年、竹中直人監督)が毎日映画コンクールで女優助演賞に輝き、どれだけ励みになったか」と、銀座のホステスからスタートした波瀾万丈の半生を振り返り、胸の内を吐露した。

 そして「今回の受賞を励みに、また勇気をもって役に挑戦したい。映画が大好きです! どうもありがとうございました」と感謝した。