【毎日映画コンクール】主演男優賞・成田凌「この世からカメレオン俳優という謎の言葉を消したい」

2020年02月13日 19時54分

主演男優賞の成田凌

「第74回毎日映画コンクール」が13日、神奈川県川崎市内で行われ、映画「カツベン!」の成田凌(26)が主演男優賞を受賞した。

「正直なところ、個人的な喜びの感情がなかなか湧いてこない。うれしいというより感謝しかない」と話すと、周防正行監督はじめ関係者に感謝を述べた。

「時間をかけて丁寧に長く撮って、恥じないものはできたと思う」と自画自賛しつつ「これからも自分を信じて、ほかの人たちを信じて、いいものを作れるように頑張っていきたい。また周防作品に出たい。役柄はお任せするので。地道にやるしかない。何でもやる。この世から“カメレオン俳優”という謎の言葉が消えるまで。うん。役者だし」と、俳優としてのプライドをのぞかせた。

 今が役者として伸び盛り。周防監督は「ここまでできるかというところまで、よくやってくれた」と、練習を繰り返して想像以上の役作りを見せた成田を絶賛した。

 なお、司会は生島ヒロシ(69)が務め、日本映画優秀賞は「新聞記者」、日本映画大賞は「蜂蜜と遠雷」が受賞した。