綾野剛 盛岡で全編撮影し「ワンチームで最後まで駆け抜けた」

2020年01月30日 20時43分

笑顔でトークする綾野剛(左)と松田龍平

 俳優の綾野剛(38)と松田龍平(36)が30日、都内で行われた映画「影裏」(2月14日全国公開)の完成披露試写会に登場した。

 同映画は芥川賞を受賞した作家・沼田真佑氏による短編小説を映画化したもの。

 岩手県盛岡市が舞台となった作品のため、撮影も盛岡で行われた。

 綾野は「盛岡で全編撮影できたことが最大の役作りになった。現場に行ってその土地や環境、盛岡の方々とともに創作していくという作業は映画の醍醐味だと思うし、最後まで駆け抜けるためにワンチームとなってやり続けていた」と振り返った。

 また、撮影期間中、綾野とともに盛岡名物の冷麺を食べたという松田は「一日一食食べていた。きのう岩手で試写会があって、そのときも食べてきた。冷麺に入ってるスイカが本当においしい。だけど、スイカが入った冷麺は夏しか食べられない。きのう食べたときには梨が入ってた。おいしかったけど、やっぱりスイカだなぁと思った」とボヤき、会場を笑わせた。